格安ビジネスクラス航空券・海外出張・海外渡航手配|東京発着ビジネスクラス専門店

かんたん検索

03-5411-1815

受付:平日 10時~19時(土・日・祝 休み)

申込書ダウンロード

東京発着ビジネスクラス航空券専門店

東京発着格安ビジネスクラスを中心に、ファースト、プレミアムエコノミーを含めた
プレミアム・キャビン(上級席)航空券販売専門店
インターリゾートは世界を駆け巡る機上のみなさまをサポートいたします

ビジネスで行く海外出張なのに、ビジネスクラスじゃない?

たとえば、ヨーロッパまで片道約12時間。
1日の半分に当たる時間を「移動時間だから仕方がない」と我慢していませんか?
現地でのビジネスを最優先に考える多くの方は、目的地に到着するまでの時間をストレスなく
快適に過ごすために、ビジネスクラスを選ばれています。

快適なビジネスクラスで行きましょう。

Travel Consultant

トラベルコンサルタント

インターリゾートは、専属で海外出張、海外渡航手配をご提供できるトラベルコンサルタントとして、最適な手配・価格・情報をお客様にご提案する東京発着ビジネスクラス専門店です。多くの皆様に適正価格でビジネスクラスをご利用して頂きたいと考え、常に最新の格安ビジネスクラス航空券に関する料金と情報を発信しております。

Bargain Ticket

販売期間限定運賃、突発的なバーゲン運賃、市場価格調査運賃など、何らかの事情がある「バーゲンチケット」をご案内しております。プレミアムエコノミークラスからファーストクラスまで、お得な料金を厳選してご提案しております。ご利用条件等はお問い合わせください。

バーゲンチケット

Custom-made Travel

オーダーメイド旅行

インターリゾートでは、ホテル、列車、レンタカー、送迎、観光の各種手配など、オーダーメイド旅行をご希望のお客様に経験豊富なトラベルコンサルタントがご要望をヒアリングさせていただき、「お客様の心にずっと残る旅」をご提案させていただきます。お客様の旅のこだわりを是非お聞かせください。

NEWS & TOPICS

2018.5.11 オーストリア航空(OS)成田~ウィーン線の運航再開
オーストリア航空(OS)は5月16日より成田~ウィーン線の運航を週5便で再開いたします。
運航機材はボーイングB777-200型機で座席数は約300席。ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの3クラス。機内では自慢のDO&COの機内食と美味しいコーヒーで皆様のご搭乗をお待ちいたしております。ハブ空港となるウィーン空港は乗継ぎの便もよく、東欧と西欧を結ぶのに理想的な拠点です。
2018.5.7 空港にはお時間に余裕を持ってお越し下さい
テロ警戒の為、全世界的に国際線の保安検査が強化されています。アメリカ行きについては米国国土安全保障省 (DHS) の要請により搭乗者に対する個別質問など更に強化された検査措置を実施しています。

米国行きのお客様には少なくともご出発時刻の3時間前には 空港に到着され、速やかにチェックインをして頂き、ゲートエリアにおける追加保安検査のための十分な時間を確保して頂くことをお勧めします。

成田空港、羽田空港を含めて全世界での搭乗保安検査に多くの時間が掛かっています。国際線、海外での国内線共にチェックイン開始は可能な限りお早めにお願いします。

海外での国内線については自動チェックイン機を利用しての無人チェックインが主流になっており、機械操作の不慣れの為に混雑している事が多いです。航空会社ホームページでの事前チェックインをお勧めいたします。
2018.4.26 ミャンマーe-VISA(電子ビザ)申請サイト
ミャンマーe-VISA(電子ビザ)申請サイトがこれまでの英語に加え、日本語申請も可能になりました。
正規のe-VISA(電子ビザ)申請サイトに類似した申請サイトもあり、通常料金よりも高く請求されたりといったトラブルも報告されています。申請される方はご注意ください。

ミャンマー e-VISA(電子ビザ)申請サイト

2018.4.12 シンガポール航空(SQ)からお知らせ
5月18日(金)よりSQ638/637便 成田ー シンガポール線に最新鋭機 B787-10導入。
今回導入されるB787-10型機には大型の窓や手荷物棚を備え、過ごしやすい機内環境(照明・湿度・騒音低減)を実現した機内に、 ビジネスクラスとエコノミークラスの2クラスが設定されております。 各クラスには人間工学に基づいて設計された新しいシート、 フルHD対応タッチスクリーンを備えたパーソナライズ可能なエンターテインメント「myKrisWorld」、 機内Wi-Fiなど最新の機内設備を装備しており、より心地よくそして充実したひとときをお過ごしいただけます。

シンガポール航空 B787-10(PDF)

2018.3.28 ~ ビジネスクラス搭乗者3つの姿 ~ by Moogwi Kim
1)すごい勢いで「仕事をこなす」
私の元上司でアメリカ人投資家の話。席についた途端すさまじいスピードと集中力で仕事に打ち込む。「移動時間くらいゆっくりと」などといった甘い言い訳は存在しない。「ビジネスクラスに乗っているからには、ビジネスをするのが当然」とばかりにいつも以上に仕事に集中するのだから感心なかぎりである。一流のビジネスパーソンは移動時間も決して無駄にすることなく生産性マックスで移動する。

2)「移動時間=睡眠時間」とする
私のシンガポールの投資ファンド時代の上司の話。彼は大変仕事ができるのだが飛行機の中ではすごい勢いで寝ているのだ。いわく「どうせ集中できないから、せめて休むことに徹する」ということで機内食も事前にすべて断り、シンガポール航空特有の完全フラットビジネスシートで「完全睡眠状態」に入るのである。一流の人は移動の時間中にエネルギーを充電して到着した途端「仕事の臨戦態勢」に入ることで「移動時間」を有効に活用できているのだ。

3)機内で「教養を高める」
多くの一流ビジネスパーソンが実は映画にやたらと詳しい。これはフライト時間に映画をたっぷり見ていることが多いからだ。また、フライト時間を読書時間に充てる人も多い。日頃のビジネスを離れ「移動時間は教養を高めるため」に文化的に過ごすのも一流の一流たるゆえんであろう。

Moogwi Kim : 『最強の働き方』『一流の育て方』著者 東洋経済 ONLINEより抜粋

おすすめリンク